• 高齢者向けリフォームでユニットバスが選ばれる理由

    高齢化社会の日本では、高齢者が暮らしている世帯では、住宅のリフォームを行って、より暮らしやすくするのが一般的です。

    エキサイトニュースの情報を手に入れてみませんか?

    廊下につかまって歩けるような手すりを設置したり、出入り口の出っ張りをフラットにして、転倒を防ぐなどのリフォームが人気となっていますが、浴室のリフォームもよく行われています。
    浴室は、床が水で濡れていることが多いため、高齢者が転倒して骨折などの怪我をしてしまう危険性が高いところです。



    また、浴槽から洗い場に出るときに、浴槽につまずいて転んでしまう事故も多発しています。


    そのため、高齢者のいる家庭では、浴室にも手すりを設置するなどの対策が必要とされます。

    浴室をユニットバスに交換するリフォームは、もっとも簡単な解決策と言えるでしょう。


    ユニットバスには、高齢者仕様となっている商品が各メーカーから販売されており、お年寄りが使いやすい工夫がいっぱいのユニットバスをお手頃な価格で購入できるからです。
    出入り口は段差によるつまずきを防ぐため2センチ以下に抑えられており、浴槽の高さも40センチほどに設計されています。

    東京の風呂のリフォームの様々な相談を受けることができます。

    浴槽の高さが低いことで、お年寄りや子供、背の低い女性でもまたぎやすくなり、浴槽への出入りが格段に楽になります。


    また、壁に鉄パイプ状のがっしりとした手すりがあるので、手すりにつかまって立ち上がったり座ったりすることができ、腰や膝に痛みをかかえることの多いお年寄りに寄り添った設計となっています。