• お風呂のリフォームならユニットバス

    ユニットバスは、工場で作られます。リフォームはサイズや色など、個人の好みによって選ぶことができる良さがあります。

    いい面は、防水です。

    在来工法のお風呂では、タイル、ドア、隙間から漏水してきます。タイルを長年使っていると、隙間が発生して弱ってきます。

    よく利用されているOKWaveの様々な相談を受けることができます。

    ドア、浴槽周りは、開け閉めや劣化で隙間ができてきます。

    ユニットバスは、床が経年劣化で壊れることは珍しいです。



    浴槽と床が防水に強い仕組みになっています。在来工法と比べると、リフォームで2階にも安心して作ることができます。

    もうひとつのメリットが、工期が短くてすむことです。在来工法では、丁寧に塗って乾かすという作業なので、時間がかかりました。
    お風呂のリフォームで、1週間かかる場合もありました。


    その間お風呂に入れないという期間も長く、職人さんの人件費も高額になるので負担も大きかったです。

    ユニットバスになると、工期は2日から3日で、人件費も3分の1になります。
    そして、高齢者にうれしいメリットは暖かいということです。ヒートショックの危険性を避けるためにも部屋とお風呂の温度は、差がないことが大切です。
    構造と素材の違いが関係しています。


    在来工法は、外気の影響を直接受けるので冬の寒さがタイルに伝わります。

    ユニットバスは別構造になっていて素材の樹脂や壁パネルは温まりやすいという特徴があります。

    東京の風呂のリフォームのクチコミ情報を求めています。

    掃除のしやすさでも、ユニットバスが便利です。


    タイルやカビ汚れで悩んでいる方は、お手入れが楽になります。